元気・応援・勇気を与えてくれる名言集

自分と読者を応援する、元気づける言葉、名言を集めています

生き方 アドラーに学ぶ よく生きるために働くということ

家族の分業

投稿日:2016年11月12日 更新日:

大事なことは、家族が分業、協力するのであり、誰かが誰かのために犠牲になっていると思わないことであり、それぞれが家族に貢献しているという意識を持つことです。貢献感があれば、自分がしていることがたとえ誰からも注目されず、承認されることがなくても、不満に思ったりはしないですみます。もしも承認欲求が強く、自分のしたことが他の家族から注目され、認めなければ不公平な気がするというのであれば、たちまち関係は悪くなります。

76ページより抜粋。

アドラーに学ぶ
よく生きるために働くということ
岸見 一郎

-生き方, , アドラーに学ぶ よく生きるために働くということ

執筆者:

関連記事

立ち向かわなくてもいい 松井秀喜

君は、無理して立ち向かわなくていいんだ。 学校やクラスにいても楽しくない。仲間にうまく入れない。それなら、それで、別にいいんじゃないかな。だれかがつくった世界に君が入らなければいけない、ということはな …

あのイチロー選手でさえ

「僕は子どもの頃から人に笑われてきたことを常に達成してきているという自負がある」と静かに自信を漂わせた。 「小学校のとき、近所の人から『あいつプロ野球選手にでもなれるのか』といつも笑われた。アメリカに …

50代からの選択 大前研一

どうなりたいかを強く思うことが大切 50代からの選択 大前研一

  スタープレヤーでなく野に咲く花として生きる 残された役割 90ページ以降より抜粋 まず、50歳と言う年齢をしっかり見つめてもらいたい。(中略) あなたは今、会社では不遇かもしれない。(中 …

置かれた場所で咲きなさい

この本は読んでいないのですが、新聞の広告欄の説明でなるほどと思いました。   以下、一部抜粋です。 こんなに苦労しているのに労ってくれない。そういう「くれない族」 私は傷つきやすいところがご …

アドラーに学ぶ よく生きるために働くということ

競争から降りる

これは競争ではありません。 対人関係を競争と捉えている限り、対人関係の悩みが尽きることはありません。競争と言う土壌から降りればどれほど楽なことか。しかし、一度も競争から降りたことがない人は怖くてたまり …

写真

cropped-2f35d356a261a5443e8b2a4ee0189c73_l.jpg
cropped-90036d7c87872a22ae8bdba38a858bc8_l.jpg