元気・応援・勇気を与えてくれる名言集

自分と読者を応援する、元気づける言葉、名言を集めています

生き方

人生後半を充実させるために―50歳からの男の磨き方

投稿日:

とても参考になりましたので転記させていただきます。
人生後半を充実させるために―50歳からの男の磨き方

川北義則(生活経済評論家)
《『50歳からの男の磨き方』より》

もう、この年代になれば、会社でどんな不遇な目に遭っても、迂闊に辞表など出すべきではない。不況の折、就活学生も厳しいが、50代もそのしわ寄せを受ける。
可もなく不可もなく、順調に過ごしていればそれに越したことはないが、いくら左遷の憂き目に遭ったとしても、上司の無能ぶりに腹が立ったとしても、絶対に会社を辞めてはいけない。よほど抜きん出たスキルを持っていない限り、50代で転職や独立は無理と心すべきだ。
会社という組織は理不尽なところがある。だが、世の中は理不尽なものだということくらい、50代にもなればわかっているはず。

在職中はありがたみを感じないかもしれないが、会社を辞めたいと思ったら、まずあらゆる不満を抑えて、「今月も給料が出た」ことを実感すべきだろう。

不満をいえばキリがないが、それでも勤めていることで何かしらいいこともあるはずだ。仲のいい同僚とアフターファイブで飲むのが何よりの楽しみなら、それをプラスに考える。とにかく欠点ばかり数えていないで、「よかった探し」をしてみることだ。

http://shuchi.php.co.jp/article/1022

-生き方,

執筆者:

関連記事

不遇 不満 仕事 業務

参考になるブログへのリンク

「不遇」「会社」で検索すると色々出てくる。きりがなさそうなので、これくらいにしておく。 同じように悩んで苦しい人が多いのだと思う。一歩一歩自分なりに前に進んで行きたい。 挫折や失敗、不遇に思える状況を …

プロフェッショナル 仕事の流儀 2016年9月5日放送より 義肢装具士 臼井二美男

試行錯誤してやっていくしかない

それに向かって試行錯誤してやっていくしかないみたいな感じ プロフェッショナル 仕事の流儀 2016年9月5日放送より 義肢装具士 臼井二美男   今もっている力を全部出し切らないと 義足をつ …

アドラーに学ぶ よく生きるために働くということ

人間の価値

人間の価値は「何がができるか」ではなく、「生きていることそれ自体」にあるといつも知っておくことが大切です。 中略 成果主義のもたらす問題は、すぐに成果を出すことが当然だという理由で看過されてはいけない …

アドラーに学ぶ よく生きるために働くということ

家族の分業

大事なことは、家族が分業、協力するのであり、誰かが誰かのために犠牲になっていると思わないことであり、それぞれが家族に貢献しているという意識を持つことです。貢献感があれば、自分がしていることがたとえ誰か …

no image

楽天主義こそいっさいを成功に導く信念である

ヘレン・ケラーの言葉である。 最近いろいろ嫌なことがあり、苦しい状況であるが、この言葉に出会えて、気持ちを切り替えられるかもしれない。

写真

cropped-2f35d356a261a5443e8b2a4ee0189c73_l.jpg
cropped-90036d7c87872a22ae8bdba38a858bc8_l.jpg